福井県鯖江市の予防歯科を重視する小部歯科医院

小部歯科医院ヘッダー

予防歯科とは

「歯医者は歯が痛くなったら行く所」
「何年も歯医者に行っていないのはいいことだ」
そう思っていませんか? 確かにそうとも言えますが、予防歯科の観点でみるとそれは間違いです。

 通常は痛みがでたり、かぶせものがとれたりなど、何かがあったら「あ、これはアカン!」と歯医者へ行くかと思います。 そう感じるときにはすでに虫歯が大きい場合が多いので歯をたくさん削らなくてはいけません。場合によっては神経をとって治療していきます。 そして銀歯などのかぶせものをいれます。...さて、虫歯になったあなたの歯はどれだけ残ったでしょうか?そこに至るまでどれだけ痛みを感じ、どれだけ医院に通ったのでしょうか? また、神経をとった歯はほかの歯に比べて寿命が短い傾向にあります。その歯はいつまでもつでしょうか?


 近年、予防歯科は非常に重要視されています。それはつまり
痛くなくても定期的に歯医者へ行く
ということです。

「虫歯になったらおいで」という無責任な歯科治療の時代はもはや過去のことです。 患者さん自身も虫歯や歯周病について正しい知識を得て生活習慣を見直し、日頃の正しい歯磨きを欠かさず、定期的に歯医者でメンテナンスをする。 歯科医院と患者さんが一緒になって虫歯・歯周病に立ち向かう。それが予防歯科です。そうすることで歯を削らず、また抜かずに、 健康な状態で保つことのできる可能性がぐんとあがります。もちろん万が一虫歯・歯周病になってしまったら、極力軽度なうちに治療をします。


ブラッシングの重要性

 せっかく頑張って歯医者に通って虫歯を治しても、普段の磨き残しが多ければ当然また虫歯になります。虫歯になればまた歯を削るので自分の歯が少しずつなくなっていきます。 また、虫歯がなくても歯周病が進行すれば歯はダメになってしまうので、歯周病にならないようにしていく必要があります。 治療が終わっても、それからどう維持していくかが大事なのです。日頃の歯磨きを怠らず、歯間ブラシやフロス等の補助器具も併用して磨き残しを極力減らす必要があります。

歯ブラシ


メンテナンスの重要性

 ブラッシングは非常に大事ですが、どんなに頑張って磨いても磨き残しはできます。歯ブラシだけでとれる汚れはおよそ60%とされています。 フロスや歯間ブラシ等の補助器具を上手に使用しても80%前後とされているので、とりきれない汚れは歯科医院で専門の器具を使用して除去していく必要があります。

 日頃のブラッシングでとれない汚れや歯石を定期的に歯科医院で除去していくことで、お口の中を清潔に保ちます。 個人差はありますが3ヶ月~半年に一度程度のメンテナンスが必要です。

「...とはいっても通うの面倒くさいんだけど…」

きれいな歯

 ですよね。わかります。でも1年間365日のうち2~4回ほど通って一生ものである歯を守れるなら良いと思いませんか? 理容院や美容院には1年間にもっと通っているかと思います。それよりも少なくて済むんです。 歯は見た目だけでなく毎日食事で使うものです。それをずっと残していくためにも、もう少し歯のために時間を使ってみませんか?


生活習慣の見直し

 歯磨きとメンテナンスを頑張ったら虫歯にならないのか?答えはNoです。

 もう一つ大事なことがあります。それは敵を知ることです。なぜ虫歯になるのか、なぜ歯周病が悪化するのか。それを知らないと口の中はよくなりません。

 喫煙や間食、飲んでいるお薬など人それぞれの生活習慣のなかにもそれらを悪化させる要因があります。 歯磨きをちゃんとしてるのに虫歯ができるという方はそちらに問題が隠れているのかもしれません。